葬儀費用などでお悩みの方へ

簡略化

お墓

昔は仏式葬儀として通夜から火葬までしっかりと行う場合が殆どでした。しかし、最近では葬儀費用を安価にするために、そして誰しもが忙しくあまり葬儀に参加してくれる人がいないため、加えて親戚付き合いなどが希薄になったおかげで身内も少ないという状態になっており、年々簡略化された葬儀の需要が高まっています。
簡略化された葬儀は葬儀費用も安価です。代表といえる形には家族葬があり、これは外から葬儀に参加するような人は呼ばずに身内だけで終わらせる葬儀のことです。場所も自宅、または公民館のような小さな場所を借りて行うようになっています。
家族葬だと50~60万円前後にまで葬儀費用を押さえることが可能になります。しかし、コレよりも更に安価な葬儀も存在しています。

一番需要が高い葬儀に直葬があります。これは葬儀らしいことをまったくせず、通夜の時間をあけてすぐに火葬するというものです。
中には病院から直接火葬場へ運ぶこともありますが、人によっては自宅へ運んで通夜にあたる24時間を経過させることもあります。
日本の法律では死亡が確定してから24時間は火葬してはいけないことになっています。ですから直葬のように通夜しない=時間が持たない場合には火葬場の安置所においておく、または自宅へ運ぶというような作業が必要になります。
直葬で葬儀を済ませれば、そこにかかる葬儀費用はなんと10~20万円前後と大幅に出費を押さえることができるようになっています。
裕福ではない家庭の人、家族仲が良くなく仕方なく葬儀を上げる人、本人の希望というように様々な理由でこの直葬は利用されています。