葬儀費用などでお悩みの方へ

金額設定

白い花

日本は葬儀費用が相当に高い国として有名であり、高い割には福祉や保証などはあまりありません。これまでの統計では、一般的に豪華でも質素でもない葬儀を行うときにかかる葬儀費用は、平均300万円といわれていました。これは全て現金払いであり、いつやってくるかもわかりません。
昔は親も子供も普通に暮らしていれば誰しもが正社員になり、それなりの給料を貰い、ボーナスがありというような形になっていました。しかし、近年の不景気によって非正規雇用も増え、正社員だけれども給料が安い、ボーナスがない、なのに学費はかかってしまうという悪循環になっています。
そのために、親も子供もお金がないという状況に陥り、結果的に葬儀に300万円も使っていられないと判断する家庭が増加しています。
その影響により、葬儀費用の平均は落ち込み、今では100万円前後だといわれています。

また、昔は豪華な葬儀が定番となっていましたが、最近では10万円程度の質素な葬式を希望する人が増えています。
死んだ人のために豪勢にせず、生きている人へ少しでも多くお金を残したいという希望からです。これは親族が希望してそうすることもありますが、本人が「葬式は質素で」と願って行われることもあります。
実際人間が死亡すれば、かかってくるのは葬儀費用だけではありません。お墓にお寺にと支払う必要があるお金はたくさん出てくるようになりますから、葬式にかかるお金ばかりに目をやっていてはいけません。