葬儀費用などでお悩みの方へ

様々な形

ピンクの花

同じ葬儀といっても、それには様々な形がありま。日本で一般的に行われている葬儀は仏教形式で行われているものであり、故人に関係している人を呼んでその規模にあった会場を借りて行います。
会社の役員や会長が死亡した場合には、社葬という形で仕事を行うこともあります。社葬とは、普通の葬儀とは違って会社を上げて行う大きな葬儀であり、家族葬などで小さく葬儀を済ませてから会社用または世間向けに大規模な葬儀を行う形になっています。
この場合、家族葬という形で最初に葬儀を済ませますから、当然そのまま火葬も終わらせています。
社葬を行う場合には、既に遺体はなく火葬後に行うセレモニーのような形になっているのです。

最近増加している家族葬とは、他の人を招かないで本当に内々だけで済ませる葬儀のことであり、葬儀費用もおさえられます。密葬や直葬とは違い、これはある程度であれば他者を呼んで行うこともできますし、非常に小さな会場を借りてそこで葬儀は一式行うようになっているもののことを指しています。
同じ家族葬でも、葬儀費用には大きくばらつきがでる場合があり、数十万円程度でできるものから100万円以上かかる家族葬と種類は豊富です。葬儀費用に余裕がある人は、できるだけ豪勢に華々しく送り出してあげたいと考えて行う場合もあります。

他にもキリスト教の人が行う葬儀や、神式葬儀という非常に伝統的な形で葬儀を上げる人もいます。やり方によって葬儀費用は大きく変動します。